おかしな一日

朝から何と無く慌ただしかった。

昼食後、女性用のバスルームで歯磨きしていたら、ヒジャーブを被った女性が誤ってシャワーの取っ手に触れて、私が若干ビッショリ。なぜかツボにハマって笑が止まらない。彼女、もう少し訳なく思っているのか何だか分からない感じ。ちょっと変わった人、という評判の持ち主。

出張者が一部しかない紙ベースの資料を持ち帰ってしまったことに気づき、貸し出した傘の所在が不明。この件に関しては、資料をスキャンして送ってもらう話でかたがついたし、傘の所在は判明したのでよしとしよう。

その後、同僚と家具を買いに出かけた。ベッドを購入しようと思ったのだけど、マットレス待ち。売り場の中国人女性は小さなベッドにサイズの合わないマットレスを勧めてきた。今日の売り上げにつながって一気に事が済むからなんだろうけど、私の常識には合わない考え方過ぎて「こういう人もいるんだなー、面白い」と思うと同時に呆れる。おまけに彼女、なぜか口調がアグレッシブ。お客さんに意地悪されたことでもあるんだろうか。サービス向上のキャパビル・プロジェクトでも立ち上げれば良いのに、と思いながらも、「キャパビルというのはある程度の資質がある人に対して実施すべきもの」との昔の同僚の名言を思い出した。それはその通り。

事務所に戻って来たら、違うユニットの同僚がうちのユニットに居て、目が合うとパチンとウィンクをした。その後もPCに向かう私の方を見ている気がした。そのままPCで作業していたら、同じユニットの同僚からSkypeメッセージが。「DON'T SAY ANYTHING!」に続いて「メールを送る時には気をつけてね001.gif」とのメッセージ。もしかして、何か変なメールを送ってしまったのかと思って送信済みメールをチェックしたものの、それらしいものはない。違うユニットの同僚がうちのユニットの部屋を出て行ってから「何々?私、何かやらかした?」と聞いてもニヤニヤするばかり。

気を取り直して、ミニッツの続きに取り掛かったら、「Mの新しい名前はMoriaty」とか「Pはアイスクリームが嫌い」なんてミニッツの所々に入ってるし!三回くらいチェックして一斉送信…。

で、その後、とある人のびっくり話を聞いてちょっと動揺。詳細を聞いてみたいけど、聞いちゃいけないような気もする。とりあえず、置いておこう。

ひと段落したので仕事を強制終了して事務所から撤退。カフェテリアでポークチョップをテイクアウトにして、キャビンでご飯を炊いてインスタントのお味噌汁と一緒に頂いていたら、お味噌汁をこぼした。そういえば、先日は、アイスコーヒーを豪快のこぼしたな、カフェテリアで。

プラス、少し首をかしげる連絡が二件……。

明日は8時半に洋服ダンスと椅子が到着予定。ベッドはマットレス待ち。同僚のキャビンには、一昨日に購入したベッドが昨日搬入されたのだけど、一度目は全く違うベッドが到着して、二度目に注文したベッドが来たと思ったらマットレスがベッドに対して大きい。ただベッドを搬入するだけなのに、何でこんなコメディーチックなことになるんだろう。そういえば、今日の私の注文書、洋服ダンス、椅子としか書いてないな。明日、どうなるんだろう。怖いようなちょっと楽しみなような……。

どんな一週間になるのかな。とりあえず、今日はもうシャワーを浴びて寝よう。
[PR]

by ahirunoko724 | 2013-05-07 04:36 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)