遠隔お仕事のペース

日本に戻ってきて1週間。
長かったような、短かったような。
まったりできたようなできていないような。

月曜日からは遠隔作業での仕事を本格的に開始してみた。
書き物系の仕事はそれなりにはかどる。
なぜなら、事務所にいたらじゃんじゃんかかってくる電話も
こちらに居れば限られてくるし、本問者もしかり。

で、問題はコミュニケーション。
メールでのコミュニケーションは特に問題なし。
スカイプでのコミュニケーションも時差6時間のジュバならまだなんとか
こちらの夕刻に済ませてしまうこともできるが、NYとのスカイプだと時差
14時間なので、9時にニューヨークが開いたとしても東京はすでに23時。

いや、東京時代には23時なんてまだどうってことなかったけど、
ここ数年国連で働いてみて、もちろん深夜まで仕事をしたこともあったけど
東京時代と比べるとそんな機会は格段に減った。

だからこそ、きっと、23時のスカイプがつらく感じられるのだ...。
リビア時代は24時間Wifi環境だったために、メールが入ってくると
iPhoneやiPadがポーンと鳴ってそれに反応して、返せるものならその場で
返していたのだけど、返せないとなると何だか考えちゃって頭の中が仕事色(笑)。

これからちょっと大きな懸案事項を動かしていくのだけど、
この時差の中、どうやって乗り切ることができるのか。

いろいろ試行錯誤してみます。
[PR]

by ahirunoko724 | 2014-01-10 22:13 | ヒビノデキゴト(日本編)