アブダビからきた生デーツ

何年か前、アブダビに勤務していた友人がうちに遊びに来てくれた。日本食豊かなアブダビから、彼女はスーツケース一つとクーラーボックス一杯の食料品(当地にはないような)をお土産として持ってきてくれた。その中に混ざっていたのが、この生デーツ。

a0085574_42318.jpg一般的にはナツメヤシの実を乾燥させたものが主流。日本からの出張者が来ると大抵はおみやげとして日本に持ち帰ることになるのだけど、残念ながら、一般的にあまり日本人受けする味ではないらしく、大量に余ってしまうことが多い。かく言う私もデーツ自体は、お茶の際にお付き合い程度に1つ2つは頂くけどもそれ以上は、ご勘弁を、だったのだけど、彼女が持ってきてくれた生デーツは全く別物。本当に別もの。恐らく、通常の乾燥デーツの作成過程にあるものが生デーツだと思われるが、通常の乾燥デーツよりも、肉厚でフレッシュ、冷蔵庫でよーく冷やしてトルキッシュ・コーヒーと一緒に頂くと絶品。この黄金色がなんともキレイで、ついつい「もう一つ」と手が伸びてしまう。時期的には夏限定のものらしいですね。

この彼女、「生活すること」をとても大切にしている人で、お料理上手。台所にあるものでも、サクサクっと美味しいご飯を作ってくれちゃうのです。彼女が滞在していた1ヶ月間、うちの食事がどれほど充実していたかはいわずもがな。
[PR]

by ahirunoko724 | 2007-01-25 04:08 | 最近おいしかったもの