タイムトリップと未来予言能力

実家の自分の部屋で、懐かしいものを見つけた。10年近く前の日記帳。丁度、ダマスカスに留学していた頃のもの。一気にダマスカス時代にタイム・トリップしてしまった。

いろんなことを考えていたもんだなぁ、22歳の私も、と何だかほほえましい。でも、根本的には今とあんまりかわっていないかも。

その中で興味深かったことの一つ。日本への帰国間際のある日の日記の最期の一文、「私、自分は数年後には、中東のどこかの国で仕事をしていると思うんだよね」と書いてあった。うわっ、当たってる。本当に、その通りだ。未来はこうやって作っていくものなのか。当時、自分が望んでいたことのいくつかは、ちゃーんと現実になってる。

5年前からずっと日記(というよりは、スクラップノートかな)をつけているけど、もう少し時間が経ってから読み直してみたら、「当時自分が望んでいたことのいくつかはちゃんと現実になってる」って言えるように自分で道を作っていかなくっちゃね。
[PR]

by ahirunoko724 | 2007-01-05 21:08 | ヒビノデキゴト(日本編)