カテゴリ:ヒビノデキゴト(レバノン編)( 43 )

Starbucks in Tyre

a0085574_15365575.jpg事務所のすぐ傍に、絞りたてのジュースやトルキッシュ・コーヒー、エスプレッソ、カプチーノもどきを出前してくれる小さなお店があった。これ、スターバックス(笑)。ナビール・ベッリ国会議長が真ん中にいます。さすが、南レバノン。そう言えば、余談ですが、パレスチナ自治区の中心地、ラマッラではStarsbucksというカフェを見かけました。

で、販売品のほうはどうかというと、

ジュース→絞りたてでフレッシュで美味!
エスプレッソ→まぁ、フツー。お砂糖が入っていなければ。
カプチーノもどき→えっと、コンデンスミルクがはいってるのかな?
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-09-20 15:38 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

さよなら、ティール

ダマスからティールに戻ってきて、その翌日の今日、ティールを去る。海沿いの小さな美しい港町。聖書の中には、「世界で最も美しい町」と言及されているこの町に住めたのは幸運だったと思う。

事務所の車で空港に向かう途中、ものすごい雨に降られた。窓の外に見える景色がゆがんで見えるのがなんだかちょっと切なかった。毎日バンバン停電するし、口内炎で苦しんだし、お風呂には浸かれないし、レストランもカフェも少ない。でも、それでもこの町での生活は忘れがたい。さよなら、ティール、ありがとう。

でも、何となく再来の予感がする(苦笑)。

a0085574_255038.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-27 02:03 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

快晴の中の国境越え

a0085574_24642.jpgダマスカスからティールへ戻ってきた。とってもいいお天気で、気持ちいい。車窓から流れる景色もなんとなく春らしい。先日ティールにやってきたお客人は、ダマスカスへの岐路、ベイルートで道に迷い、山間部では大雪に降られ、タイヤにチェーンを巻いていざ、ダマスカスへ、と思って車を走らせたら今度はタイヤがパンク。ティールからダマスカスまで8時間の長旅、お疲れ様でした。そうして、ありがとう。晴れてたら、こんなにもきれいな景色が見られるんだよ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-26 22:01 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

像のチョコレート

あれ、何でこんなところにチョコレートが?そういえば、シャワーヘッドがリュックの中に入っていたこともあったっけ(笑)。

a0085574_151323.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-23 01:51 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

シドンの海の城

a0085574_1533972.jpgティールから30分ほど車を飛ばして北上すると、シドンという小さな港町がある。この町もティールと同じくフェニキア時代に栄えた古い歴史のある町だ。

そうしてこの町の最大の見所は、海の中のお城。このお城、シリアのクラック・ドゥ・シュバリエ、イスラエルのアッコにある地下要塞、ヨルダンのカラックと同様に十字軍によって建てられたもの。この日はものすごく波が高くて、お城の中を歩いていたらザッパーンと高波に襲われてびっしょりになってしまった……。えぇ、これなら難攻不落でしょう。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-22 21:52 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

ティールの町の観光地

a0085574_1423813.jpg数少ないティールの町の観光地の一つローマ時代の遺跡を訪れた。大きな石造りの門の向こう側には幅の広い道が続き、両側には列柱が並ぶ典型的なローマ時代の遺跡。ヨルダンノウンム・カイス、ジェラシュ、シリアのパルミラ、こういったローマ時代の遺跡を、これまでに何度訪れただろうか。門の隣には、大きなヒポドロームがきれいに残っている。そ言えば、10年近く前に、友人と一緒にこの町を訪れた際にもこの遺跡を訪れたな。そのときには、まさかここで働くことになるとは思いもしなかったけど。


a0085574_143860.jpg最近、比較的暖かい日が続いていたせいか(事務所の中は相変わらず寒いけど)、黄色いかわいらしい花が咲いていた。クローバーがたくさんあったので、四葉のクローバーを一生懸命に探してみたが、残念ながら、見つからず。大丈夫、でも、きっといいことがあるよ(笑)。うん。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-21 22:40 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

雨宿り

a0085574_1483460.jpg旧市街を歩いていたら、ものすごい雨に降られた。閉店したお店の軒先で雨宿りをしていたら地元の若い男の子たちが「そこ、寒いでしょう?うちのお店でコーヒーでも飲んで雨が止むのを待てばいいよ」と、声をかけてくれた。フツーのエスプレッソなんだけど、なんだか普段よりも温かい気がした。それに、お砂糖もハートだし、なんだかうれしい。イヒッ。

この町、いろいろと難しい町だけど、人の温かさは健在。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-20 22:46 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

ドアストッパー

a0085574_346031.jpg違う組織の同僚が事務所の仕事部屋にやってきて、一言。「それ、いいドアストッパーだね」と。ええ、まぁ(笑)。最近、かわいい侵入者が頻繁にやってくるので必要なのです。ちょうどいい大きさで重宝してます。

ごめんね、後でちゃんと遊んであげるから、もうちょっと待っててくれる?えーとね、あと10分くらい。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-06 20:42 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

猫がっ、猫がっ

a0085574_3353581.jpg近い、近すぎる。何でこんなに近寄ってくるのか良くわからない。ここ数日、事務所の仕事部屋に入ってきて、机の上に飛び乗り、ひざの上に乗っかって、「遊んで攻撃」を仕掛けてくる。お願い、お仕事させて。

それにしても、急に慌しくなってきた。でも、なんだかうれしくて楽しい慌しさだ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-04 03:31 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

15キロの持ち物で生活

「はい、今から移動しま~す。現金をいくらか手元においておくように。それから、移動先に持っていける荷物は15キロ。じゃっ、準備して2時間後に○○集合」と言われたら、何を持って行くだろうか。私の場合は、準備してみたら以下の通りだった。忘れないうちに、自分用のメモとして。

1.パスポート
2.現金
3.カード
4.貴重品
5.携帯電話とその充電器
6.電化製品(PC、デジカメ、その周辺機器と充電器、イオン・ドライヤー)
7.着替え2,3日分とパジャマ
8.その他身の回りのもの(化粧品やお風呂グッズ)

自分が生きていれば、1から3までがあれば、何とかなる。4は自分にとって大切なもの。たとえば、大切にしているアクセサリーや日記帳、スケジュール帳など。そして今の時代に欠かせないのが、連絡手段となる携帯や電化製品、メールだって日本語で打ち返せる環境でチェックしたい。記録のためのデジカメもあったほうがいい。忘れがちなのが、これらのための充電器。これは普段から一まとめに。1~4はそれほどかさばらない。普段、自分が職場にもっていく鞄の中に納まる。この中にさらにノートPCと携帯電話が入る。充電機器、着替え、その他身の回りのものについてはボストンバッグの中へ。

生活用品は案外侮ってはいけないと思う。「自分が普段使っているもの」は非日常な中で安心感を与えてくれるものだと思うから。たとえば、化粧水やシャンプー、トリートメントの香り。肌や髪が荒れてくると気持ちもなんとなく荒れる気がする。寝るときはリラックスしてパジャマで寝たい。Tシャツとかじゃなくて、パジャマがいいの。と友人に話したら、「あぁ、まぁ、気持ちはわかんなくもないけど、でも、イオン・ドライヤーはねぇ(苦笑)」と笑われた。

最初は小さめの機内持ち込みのスーツケースにしようと思ったが、15キロって案外あっと言う間なので、結局、普段の仕事鞄とボストン・バッグ。たいてい、皆、こんな感じの荷物。そうそう、もちろん本とiPodも欠かせないアイテム。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-01-31 22:58 | ヒビノデキゴト(レバノン編)