カテゴリ:ヒビノデキゴト(ウガンダ編)( 17 )

穏やかなエンテベの日曜日

日曜日の午後のエンテベ。
職場傍の景色。

a0085574_2365361.jpg


楽しいことが始まりそうな予感。

日曜日も事務所だけど……。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-05-13 23:03 | ヒビノデキゴト(ウガンダ編)

基地の中の日常

昼食のために、ビクトリア湖が見える、いつものレストランに出かけた。

昼食から基地に戻ってきた時に、ゲートを超えてすぐのところで
トカゲを発見。

私:「あ、あの子、この間うちの事務所の前に居たよ」
同僚:「あー、あの子じゃないよ、たぶん。ここまで遠いし、友達じゃない?」
私:「でも、同じ色だったよ。赤。あんまりいないでしょ?」
同僚:「いるよ、赤い子でしょ?親戚かもしれないよ」
私:「そうかなぁ。でも、あの子だと思うんだけど」
同僚:「いや、違うってば。そういえばさ、最近、猫見ないよね、基地の中で」
私:「あー、あの白黒君?昨日見たよ、カフェテリアの傍で」
同僚:「えー、ずるい!僕も見たかったのに」

後ろに乗っていた他の部署の同僚が「ね、地雷対策って、案外のほほんってしてるんだね。
いつも、事務所の中で、そんな話してるの?もっとさ、こう緊張感みたいなものはないの?」だって。

以上、基地の中の日常でした。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-04-13 04:22 | ヒビノデキゴト(ウガンダ編)

Faze 3

a0085574_22404588.jpg自宅の傍にある、ヴィクトリア湖が一望できるレストラン兼カフェ。いつもは同僚や友人達と食事に来るのだけど、時々一人で来て日記をつけたり、本を読んだり、仕事の資料を読んだりしている。

が、もちろん、大きな街ではないので誰かしら知り合いがやってくる。し、オーナーやウェイトレスさん達もおしゃべり大好きで、次から次へと入れ代わり立ち代わり、誰かがやってきて、お喋りしていってくれる。

日記、書きたいんだけどなぁ。資料、読みたいんだけどなぁ。この本、読みたいんだけどなぁ。

ま、でも、いっか。楽しいし。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-03-03 16:38 | ヒビノデキゴト(ウガンダ編)

風邪のひき始め

らしい。

少しだけ、喉と鼻に違和感があって、体が普段よりも熱っぽい気がする。
そういえば、事務所の中でゲホゲホやってる人がいたなぁ。移ったか。
UKの風邪にNYの風邪、どこから来たのか定かではないが。

もう一人の同僚は全く平気そうなんだけど、体の作りも鍛え方も違うか。

ということで、土曜日は一日中ベッドの中で読書。日本から300冊くらいの本を
ソニーのリーダーに入れて持ってきたので、読書には困らない。4月にはアマゾンの
キンドル日本語版が発売される、ということなのだが、もし、使い勝手が良さそうならば
こちらに乗り換えようかな、とちょっとだけ考えている。

で、日曜日は、というと、ウガンダ人同僚の車の運転にお付き合いした。
スウェーデン人の同僚は、もともと物静かで穏やかな人なのだけど、ドッキドキの
車の運転練習にお付き合いしててもびっくりするくらい忍耐強くて、びっくりした。
声の大きい人が多い中で、こういうキャラクターは貴重だ。

北の人、というのは物静かで穏やかで忍耐強いのだろうか。

車の練習の後、カフェで食事をしていたら「実は、すっごいドキドキしてたんだよね。
だって、もし、何か深刻な事態が発生したら、ちょっとトリッキーだよね」と、笑いながら
話していた。そんな風には見えなかったけど。

穏やかで静かなエンテベの週末。明日からまたがっつり仕事ができるかな。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-02-26 18:40 | ヒビノデキゴト(ウガンダ編)

アフリカの市場

a0085574_20314034.jpgカイロのハーン・ハリーリー、エルサレムの旧市街の中のスーク、ダマスカスのハミディーエ、アレッポの旧市街のスーク、アンマンの旧市街のスークのどれとも違う、カンパラの市場。もっと埃っぽくて、熱気があって、もっと賑やかな印象。

ミディアムグレインのお米、あるかな。その入手が一番の目的。今回の任地への赴任にあたって、アフリカ経験豊富な友人達に持っていくべきものを聞いてみた。蚊帳、蚊除けグッズ、抗生物質を含む多様な薬、様々な種類のバンドエイド、消毒液等々。これに加えて、「お米を持ってきた方がいい」と数名の友人からのアドバイス。

結局、持ってこなかったのだけど、今になってようやく気付いた「お米」というのは、日本米のようなミディアム・グレインのお米、ということに。こちらのお米は基本インディカ米。

ウガンダに駐在した経験のある友人に聞いてみたところ、カンパラのスークには、「スーパーライス」というミディアム・グレインのお米があるのだそう。というわけで、探しに行きます、スーパーライス。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-02-18 14:17 | ヒビノデキゴト(ウガンダ編)

ワオ

事務所の関係者が、みーんな口をそろえてワオワオ言っている。

そうよね、だって、オフィシャルジョークだものね。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-02-17 01:04 | ヒビノデキゴト(ウガンダ編)

ポップでカラフルな国

a0085574_4521984.jpg帰り道で見かけた光景。

彼女もお家に帰るのかな。

緑の中の赤いお洋服。

なんだかとってもポップな感じ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-02-16 21:49 | ヒビノデキゴト(ウガンダ編)

エンテベの雨

同僚をジュバに送り出して、ホッと一息ついていたら、コンテナを叩く雨音が聞こえてきた。

最初は、ポツリポツリだったのに、徐々に激しい雨に。

雨季にはまだ早いはず。

a0085574_4481996.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2012-02-13 22:45 | ヒビノデキゴト(ウガンダ編)

今夜も

ちゃんと電気が来ている。

素晴らしい!
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-02-04 23:46 | ヒビノデキゴト(ウガンダ編)

マラリア

これまで、アフリカ大陸での勤務をなんとなく躊躇していた理由の一つは、病気。
いくら、健康優良児の私であっても、風土病だったり、生活環境の厳しさから免疫
システムが弱くなったりしたときにガタガタッと体調を崩してしまう、というイメージが
あった(今もあるけど)。

そんな病気の代表格、マラリア。エンテベの街に到着してみて、思っていたよりも
蚊が少ないのに驚いた。ヴィクトリア湖があるからもっとすごいと思っていたのだ。
同じベースキャンプの中で働いているインターナショナル・スタッフがエンテベでマラリア
に感染した、という話は聞いたことがない。ありがたいことに、ここエンテベでは、
ちゃんと食べて、寝て、衛生的な生活を送ることができるから、免疫システムも通常通り
に機能している。

生活環境が相当厳しいと予測される本来の勤務地でも、関係者がマラリアに
かかった、という話は今のところ、聞いたことがない。まぁ、そもそも現場入りしている
人数自体が少ないのだが。

が、当地の人々にとっては、比較的羅漢率が高いのだろうな、という印象を受ける。
先日、カンパラを訪れた際のエンテベへの帰路、路上に掲げられたマラリア対策の広告
の多さに驚いた。

そうして、今日、私的にはひっくり返りそうになるくらい驚いたことが。
数日前から何となく体調が悪そうだったウガンダ人の同僚が、気温30度はあろうか
という今日、セーターを着て出勤していた。そうだよね、数日前から体調悪そうだった
もんね。事務所の中、エアコンガンガン聞いてるしね、と思っていたら、電話での
会話が聞こえてきた。

「ごめん、マラリアだから今日は行けない」と。

え?何?マラリア?マラリアって、羅漢したら普通に座っていられないくらい
つらい病気なんじゃないの?そんな、普通に出勤してて大丈夫なの?
自宅でゆっくりしていなきゃいけない病気じゃないの?そんなに普通にして
いられるものなの?

アフリカ大陸初心者の私には、この事態が、非常に驚きなのです。
どなたか、お詳しい方がいらしたら、ぜひとも、教えてください。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-02-03 22:06 | ヒビノデキゴト(ウガンダ編)