カテゴリ:ヒビノデキゴト(南スーダン編)( 34 )

混乱の中で

朝、ベッドの中でごろごろしていたら
遠くで銃声がした。

あまり気に留めずに、シャワーに入ったら銃声に加えて爆音が聞こえてきた。
キャビンに戻ったところでセキュリティー・オフィサーから電話で安否確認。

混乱状態にある中で、皆粛々とそれぞれの仕事を通常運転どおりしている。

そんな中で一番上の上司がしたことは、共同のお台所のお皿洗い。
週末にはクリーナーさんがこなかったし、月曜日の今日来る予定だったけど
こんな状況では来られるはずもない。だって、コンパウンドがロックダウンされてるんだから。

一番上の上司が率先してお皿洗い。
お皿もお台所もピッカピカ。そうして後から使う人も、ピッカピカに戻す。

純粋に、良いチームだな、と思う。
こんな混乱状態の中で。
[PR]

by ahirunoko724 | 2013-12-16 16:15 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)

休暇前の奇怪な行動

休暇まであと数日間のカウントダウン。

ここ数日の間、どうも奇怪な行動をしている。

*キャビンにパスポートとクレジット・カードを取りに戻り、事務所に戻ってきたらクレジットカードだけを持ってきて肝心のパスポートを忘れていたことに気付く。

*お洗濯しようと思って洗濯物を持って洗濯機まで。ここまできて、洗剤と柔軟剤をキャビンに置いてきたことに気づく。

*食堂でソーダ・ウォーターを注文して、待ちつつ食事を開始。同僚がソーダ・ウォーターを二本頼んでいて、手のついていない方の瓶を無意識のうちに手に取って口へ。瓶の冷たさが唇に触れた瞬間、「あれ、これ私のじゃないや」と気づく。同僚大笑い。「ごめんねー。なんでこんなことしちゃったのかわからない」という私に対して同僚が「私、数日前にあなたの机で話をした後に、あなたのサングラス持って帰っちゃったから。きっとジュバ病よ!」と。そうだった、そんなことがありました。

うむ、厳しい勤務環境だということにしておきましょう。
[PR]

by ahirunoko724 | 2013-11-05 17:55 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)

日食

今日が日食なのだ、ということは知っていた。
が、ある方のフェイスブックへの投稿で、南スーダンでも日食が見られるということを
ついさっき知った。

という訳で、外に出てみたけど、ジュバのギラギラした太陽を見つめるなんて無理だし、
サングラスをしていても厳しい。

ふと思いついてキャビンの中に戻ってみた。
私のキャビンには遮光カーテンの代わりにフィルムが張ってあるのだけれども、
このフィルムが大活躍。今のキャビンに入ってすぐの頃には「どうして、私の
キャビンだけフィルム?」とブツブツ言っていたのだけど、今日写真を撮りながら
「なるほど、このためだったか!」と妙に納得。何事にも理由があるものだ(笑)。

このフィルムを通してみると、日食がこんな風に見える。
天体の動きって不思議だなぁ。次はいつ、どこで目にできるのかな?

a0085574_1745499.jpg


さて、お休みまであと1週間。
頑張りますか。
[PR]

by ahirunoko724 | 2013-11-03 18:39 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)

時間の流れかた

フィールドに出ると、こんな立派な角をした大きな牛が集団で移動していたりする。
ワイルドな放牧だ。

a0085574_187417.jpg


南スーダンの時間の流れは、この牛と同様、ゆっくりとゆっくりと流れていく。

が、過ぎ去った日々を振り返ってみると、時が過ぎるのは何とも早いことか。
そろそろ8ヶ月。リビアで過ごしたのが9ヶ月、南スーダンでの9ヶ月の方が
時間が流れるのが早いような気がするのは気のせい?
[PR]

by ahirunoko724 | 2013-10-06 18:04 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)

ミニ・ブレイク

所属する組織の休暇システムの中に、ブリーザー・ブレイクというのがある。

残業代を最大4日間まで積み上げて、週末と一緒にしてお休みにできるシステム。
良いシステム、だな、と思う。R&Rで8週間任地で過ごした後には、2週間くらいの
お休みで国外に出ているけど、このブリーザー・ブレイクは8週間の間でどこで取っても
いいことになっている。

仕事はとてもやりがいがあるし、上司、同僚、カウンターパートにも恵まれているけれども、
コンテナの中に住んで、バスルームを共有する、という生活をしているとやっぱりそれなりに
ストレスが溜まってくる。知らず知らずのうちに。

で、何かと慌ただしかった7月を終え、一通りやるべきことを終えた後、
ブリーザー・ブレイクに突入。

ジュバの空港でNYの同僚とiPhoneでスカイプして、最後の詰めを終えて、
飛行機に滑り込む。数時間の爆睡の後についたトランジット先のカイロには、
まだ、少しだけ、ラマダンの面影が残っていた。

もわっとしたカイロの独特の空気がなんだかちょっと懐かしい。

a0085574_23273297.jpg


仕事のメールをチェックして、一本だけメールを送った後、
ゆっくり食事をして、たっぷりお湯をためたバスタブにゆっくり浸かって、
適度にノリがきいてパリッとしたシーツのベッドでぐっすり眠った。

あぁ、休暇ってどうしていつもこんなに楽しいんだろう。
[PR]

by ahirunoko724 | 2013-08-09 23:14 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)

ムンダリ部族

通常なら片道2時間弱のところを3時間かけて、
ボコボコの道をランクルで進んでいく。
4台でコンボイを組んでの移動もなかなか珍しい。
埃がもうもうと上がって、100メートル先が見えない。

そんな道中の中で、出会ったムンダリ部族の青年達。
普段は、家畜を追っての放牧生活。

a0085574_3392165.jpg


カメラを向けると、こんなポーズを取ってくれました。
[PR]

by ahirunoko724 | 2013-07-19 20:25 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)

ジュバの空にかかる虹

7月に入って、本格的な雨期に突入か、と思いきや
思っていたよりも雨の降らないジュバ。

上司が事務所に入ってきて「雨降りそうだよ、洗濯物、取り込んだ方が
いいよ」と。この間は「洗濯機の中に残ってた靴下、干しといたから」と(笑)。

午後の早い時間に干した洗濯物は数時間でぱりっと
いい具合に乾いて、日本から持ってきた大好きな柔軟剤の香りが
少し残っていて(熱が強すぎると香りがあまり残らないのかしらね?
日本だともう少し、香りが残るのに)、いい感じ。

雨あがりのジュバの空には、時々虹がかかる。
初めて見たのは7月7日、七夕の日。なんだか、いいことありそうな感じ。

a0085574_0444274.jpg


そうして、この写真は2回目に見たときのもの。
そのうち、もっと、大きな虹がかかったのを目にすることができるかな。
[PR]

by ahirunoko724 | 2013-07-09 20:32 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)

スコーンと突き抜ける時

というのがある、ということは知っていた。
これまで何度も何度も経験したことがある。

自分の中の要素を少しだけ、本当に少しだけ変えただけなのに
この突抜感。

いや、本当に素晴らしく気分が良い。

楽しい夏が始まりそうな予感。

事務所の撤退時間、17:30。この大空。

a0085574_503851.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2013-07-04 20:04 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)

誰も彼女を怪しまない

T:「誰かテロリストの役やってくれないかな?」

S:「ahirunokoがイイよ。誰も彼女を怪しまない!」

M:「賛成!」

どういうこと(笑)?
[PR]

by ahirunoko724 | 2013-05-24 05:10 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)

わかるような気もする

暑い、今日は一体何時なんだろうか。
エアコンの効いた車内でも眠くなるくらい暑い。カフェも暑い。

これだけ暑ければ、いろんなことの効率が落ちても仕方ないかなー、なんて思ったりもする。

事務所の中もコンテナの中も快適だけど、一瞬外に出るだけでくたばってしまう暑さ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2013-05-17 18:59 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)