カテゴリ:お料理( 16 )

ストウブのお鍋(2台目)

いつ頃からだろうか、お料理をするようになったのは。
実家に居る頃は全て母任せだった。だって、お母さんの料理が一番美味しいから。
たぶん、テルアビブで働き始めた頃だったと思う。

毎週末のようにテロが起きていて、何時であっても呼び出される、そんな時代だった。
テルアビブはとても過ごしやすい街で随分と出歩いたし、頻繁にお呼ばれされていた。
その影響で、お料理するようになったのだと思う。
「お呼ばれ」されることで、実家に居るときには、当然のように出てきた美味しい料理は、
「人に作ってもらったお料理は美味しい」、の法則に当てはまるのだと知ったのもこの頃だ。

お味噌汁を作ろうと思ったけど、はて、作り方がわからない、ということで
国際電話で実家に電話して、「お味噌汁ってどうやって作るの?」なんて聞いていた。
母は半ば呆れながら、イロイロ教えてくれた。
郵便システムが動いている国だったので、よく荷物も送ってもらっていた。
食材、肌、髪用のものに混ざって、「たこ焼き器」が届いたこともあり、職場で大爆笑された。
美味しいお出汁が取れるように、と鰹節と煮干をミキサーでパウダー状にしたものと
いわゆるお茶パックが送られてきて、それで出汁を取るようになった。

と、そんな具合に始まった私のお料理だけど、それなりに上手になってきたな、と思う。
(自分では、ね。)オーブンを使ったお料理もするようになったし、圧力鍋も、減圧鍋も、ハンドミキサーも
買ったし、昨年にはストウブのお鍋まで買った。

で、前置きが長くなってしまったけど、
今回、トルコに新たに着任したが、荷物の重量の関係でストウブではなくて、
圧力鍋を持ち込んだ。が、先日、お買い物に行ったショッピングモールでふと、ストウブの
27cmのお鍋(オーバル)が目に入った。

a0085574_20352524.jpg


とってもお買い得(日本だと2万円以上だけど、なんとトルコでは半額セール中だったこともあり、
8600円!)だったので、買ってしまった。27cmなんて大きすぎるんじゃないかなー、と思っていたけど
実際に使ってみるとなんてことはない、実はとっても使いやすい大きさだ。4-6人分くらい作れるので
作り置きのお料理をしてみたり、おもてなしで、このお鍋のままテーブルに出してもいい感じだろうな、
と一人でニヤニヤしている。

日本にある一台目のチェリーのラウンドストウブに、今回のオーバルのストウブ、
一生モノののお道具として、活躍してくれそうです。

って、もっと腕を磨けって?ごもっともです(笑)。
[PR]

by ahirunoko724 | 2016-08-05 20:45 | お料理

好きなお弁当のおかず まとめ

幼稚園、中学、高校と母が作ってくれたお弁当はいつも、とても美味しかった。
友人達にもいつも「おいしそうー」と言われ、「うん、美味しいよ」と答えていた。
後学のために、記録を残しておこうと思う。

中学1年の時の担任が「お弁当は必ず作ってあげてください。じゃないとグレますから」と発言したのを真に受けた母。友人達が銀チョコをはじめとする菓子パンや、コンビニのおにぎりを買ったりしていても、私はほぼお弁当。「グレたら困るから」と。お母さん、子供には子供の付き合いってものがあるのです(笑)。まぁ、でも、世界で一番美味しいのはやっぱりお母さんのご飯なのです。

子供用のお弁当と、父のお弁当はちょっとセレクションが違っていて、やっぱりそれぞれに皆が好きなものが入ってる。

1. スウィートポテト
2. チューリップのゆで卵(真ん中にケチャップがちょこんと乗ってたな)
4. 卵焼き
5. アルミホイルにハムを敷いて、その上に卵をおとしたものをオーブントースターでチンしたもの
6. いり卵のそぼろ弁当
7. オムライス(お弁当なのに!オムレツも。ミンチのお肉にたまねぎとか野菜のみじん切りがたくさん)
8. 焼きそば
9. ナポリタン(よくゆで卵のスライスがのってた)
10. おにぎり
11. から揚げ
12. ハンバーグ
13. プチトマト
14. ベーコンのチーズまき
15. ベーコンのアスパラまき
16. ABCポテト
17. 肉じゃが
18. 牛肉スライスとピーマンの炒め物
19. ミニグラタン
20. ロールサンドウィッチ(ハム・チーズ、卵、ジャムとバター)
21. ロールパンのサンドウィッチ(ハム・チーズ、卵)
22. ポテトサラダ
23.とんかつ
24.コロッケ
25.かにクリームコロッケ
26.ほうれん草の胡麻和え
27.ロールキャベツ
28.さくらんぼ
29.ウサギのりんご
30.おばあちゃん家のキィウィ
31.おばあちゃん家のみかん
32.さくらんぼ(缶詰の)
33.中学の頃には、何だかちょっとビミョーな味ののり
34.小さいカップゼリー
35.ミートボール
36.豚スライスの野菜巻き甘辛煮
37.焼き鳥
38.鶏の竜田揚げ
39.サツマイモのスライス
40.エビフライ
41.いちご
42.なし
43.ソーセージ
44.枝豆
45.豚肉スライスチーズ巻きカツ
46.チキンナゲット
47.ごぼうのキンピラ
48.ししゃも
49.鮭
50.サバ
51.豚のしょうが焼き
52.豆ご飯
53.とうもろこし
54.ささみカツ
55.かごに入った長方形のサンドウィッチ
56.かきあげ
57.ゆでた栗

こうして一つ一つ記憶を辿っていくのは、なんて楽しい作業なんだろう。
思い出したらまた追加しよう。
[PR]

by ahirunoko724 | 2016-08-04 22:46 | お料理

ホットサンドイッチ

そうしてこちらも。
だって、楽しそうだったんだもん。

a0085574_13251893.jpg


a0085574_14462056.jpg



[PR]

by ahirunoko724 | 2015-11-21 13:24 | お料理

ワッフル製造器

思わず買ってしまった。
だって、楽しそうだったから。

a0085574_13232127.jpg


a0085574_14453343.jpg



[PR]

by ahirunoko724 | 2015-11-21 13:22 | お料理

チョコレートシフォンケーキ

デロンギのコンベクションオーブンを使うのが楽しくて、オーブン料理にはまっている。

今回はチョコレートシフォンケーキ。フワフワに出来上がった。

a0085574_02351411.jpg


メレンゲ作りはなんとなくコツがわかってきたけど、チョコレートを入れて全ての材料を混ぜるのがあんなに疲れるとは。何が疲れるって、チョコレートがくっついてかき回すのが重い(いや、私には)。

次は何にしようかな。
[PR]

by ahirunoko724 | 2015-10-31 02:28 | お料理

チーズスフレ

久々に作ったチーズスフレ。ヨルダン振りかな?
当時結構な頻度でケーキを焼いていたのは借りていたお家が石造りで結構寒かったから。

リビア時代には簡単なベイクドチーズケーキのみで、スフレは作っていなかった。

今回、久々にスフレを作ってみたところ、我ながら素晴らしいフワフワシュワシュワ感に感激。

a0085574_19563657.jpg


[PR]

by ahirunoko724 | 2015-10-27 19:50 | お料理

パンチェッタと玉ねぎとクリームのパスタ

備忘録として

1.パンチェッタを1cm角に、玉ねぎはみじん切り、にんにくはスライスする
2.オリーブオイルでにんにくをいためる
3.パンチェッタと玉ねぎをいためる
4.塩たっぷりで、時間よりちょっと短めにゆでたパスタを投入
5.生クリーム投入
6.パルミジャーノ・チーズをすりおろして投入
7.コショウをゴリゴリ投入

以上、のシンプルパスタ。でも、これがおいしいんだなぁ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-12-23 21:02 | お料理

トマト・クリーム・パスタ

イタリア人の友人から教えてもらった絶品パスタ。備忘録のために、ここに記録。

材料:
プチ・トマト:適当
セージ:適当
バター:適当
生クリーム:適当
塩コショウ:適当
スパゲティ:適当

作り方:
1.プチ・トマトを半分に切っておく
2.フライパンにバターを入れて溶かし、セージを炒め、かおりが出てきたらプチ・トマトを投入
3.茹で上がったパスタをフライパンに入れ、フライパンの中の具と絡まったところで、生クリームを投入
4.最後に塩コショウで仕上げ

以上、と、かなり、いい加減なレシピですが、これがまたおいしい。セージというのが日本人的には思いつかない。茹で上げたときのパスタは、フライパンで火を使ってあえるので、少し硬めにしておくのがポイント。細めんの方がいいらしい。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-08-03 15:35 | お料理

シフォン・ケーキ

a0085574_6191911.jpg手作りのチーズ・スフレを誉めてもらって以来、すーっかり、お菓子作りにはまってしまった。先日はプロの料理人さんにも「うまいよ!」と言って頂いたので(いや、きっと、彼が優しいからなんでしょうけどね)、ますます調子に乗っている。学生時代、「あまりお料理しない人」の枠に入っていたけど、働き始めてからはバリバリお料理修行中。特に、ここアンマンではそう。人間って、変われば変わるものね。


a0085574_6265637.jpgと言うわけで、昨今の流行はシフォン・ケーキ。左上のものは抹茶のシフォン・ケーキで、この右のものはチョコレートのシフォン・ケーキ。真剣に、実家にもガス・オーブンを設置してもらうことを考えている今日この頃。いや、電気のオーブンでもいいのか。日本の電化製品は優秀だものね。アンマンの自宅のオーブンは、温度が書いてなくて、1から8まで目盛がふってあるだけだもんね(笑)。それでも、ここまでできたら、私的には自分に合格点をあげたい。

家族の皆さん、お友達の皆さん、いつも、お世話になっている皆様、リクエストはありますか(笑)?
[PR]

by ahirunoko724 | 2007-12-17 06:30 | お料理

大型マフィン

a0085574_531175.jpg最近、アンマンは雨続きで冷え込んでいる。そのせいで、と言うわけではないけど、今日もまたオーブン料理。今回はお菓子ではなくて、たまねぎ・チーズ・マフィンもどき(だって、プリンの型がなかったんだもん。だから、ケーキを焼くときの型を使用)を作った。ベーキング・パウダーと薄力粉を使ってのオーブン料理は初めてだったけど、うまく膨らんだ。スライスしてジップ・ロックに入れて、冷凍庫へ放り込んで置いた。

以前にも書いたけど、お菓子作りやオーブン料理を始めてみて思ったことは、「ちょっとハードルが高い、と思っていることでもやってみれば案外できちゃうのかもしれない」ということ。そうだ、他にもそう思っていたことのリストを作ってみようっと。で、片っ端から試してみるってどう?楽しそうじゃない?
[PR]

by ahirunoko724 | 2007-11-23 05:04 | お料理