<   2008年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

蒼い月

死海で見た蒼い月。不思議な色。

何度撮ってもこんな色出たことなかったのに、今回は何度撮ってもこんな色。

a0085574_23322955.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2008-03-28 23:29 | ヒビノデキゴト(ヨルダン編)

死海のほとり

で見た夕焼け。ヨルダン川の西岸に沈んでいく夕焼け。向こう側ではジュデアン砂漠の丘陵地域に夕焼けが沈んでいくのだけど、それも美しい。

「幸せになるための条件って何?」とある人に聞かれた。調子にのって思いつくものをいろいろあげてみた。「そのうちのいくつを今持ってる?」と言われて数えてみたら、案外たくさん持っていたことが判明。でも、人間欲張りだから、もっとたくさん欲しいの。特に、現代女性はとっても欲張りなのです(笑)。

a0085574_23182461.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2008-03-26 23:09 | ヒビノデキゴト(ヨルダン編)

列柱の中をずーっと歩いていったら、

どこにたどり着くんだろう。よく分からないけど、でも、きっと素敵なところだと思う。

人生も、多分同じ。目の前には常時、問題が山積みだったりするけど、旅の道中には楽しいこともあるはずだし、ちょっと問題から目をそらせば、キレイな景色が広がっているはず。だから、旅の過程そのものを楽しんじゃう。そっちの方が絶対にいいに決まってる。で、ちょっとだけ休憩したらまた新たな気持ちで問題解決に取り組んでみる。そうしたら、案外うまくいくことが多いのかもしれない。

a0085574_2326015.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2008-03-25 23:27 | ふと、思う

昔の人は偉かった

と、素晴らしい文化遺産を訪れる度に思うのです。写真はジェラシュの有名な列柱。よくある写真のアングルですが、我ながらキレイに撮れたものだと感激。

「あなたの撮る写真は、いつも本当にキレイ。あなたの目に人生はいつもそんな風にうつっているのね、きっと。これからもそういう人であってね」とご年配の女性に言われた。身に余るほどのほめ言葉で、うれしい、うれしい、うれしい!

素晴らしい文化遺産を後世に受け渡していくことは、私達の義務の一つ。うまく、リレーができるかな。自分が何かを経験して、今度はそれを人に伝えてくこと、これってとても大切なことだと思うのです。

a0085574_231234.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2008-03-22 22:58 | ふと、思う

春分の満月

春分の日に訪れたジェラシュで、少し暗くなった空を見上げたら、きれいな満月が出ていた。

a0085574_210964.jpg


春分の日には、「卵が立つ」とThe West Wingのあるエピソードでやっていたけど、本当かな?今度試してみよう。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-03-21 20:58 | ヒビノデキゴト(ヨルダン編)

春爛漫

a0085574_20463244.jpg週末を利用して、大好きな人達が周辺国から集まってくれた。皆と一緒にアンマンからちょっとお出かけしたローマ時代の遺跡ジェラシュは春爛漫。こういう小さな花がたくさん咲いていた。実家の方では、まだまだ寒いみたいなので、日本よりも一足早いヨルダンの春をお届けします。届いたかな(笑)?いつも、季節感のある写真を送ってくれるので今日はそのお返し。


a0085574_20465731.jpgところで、私はお花の名前に疎い。実家のお庭には両親が植えた植物がたくさんあるのに、「これ、何か知ってる?」と聞かれて私が分かるのは恐らく、4,5種類がいいところ。

最近、(私の中で流行っている)坂東眞理子さんの「女性の品格」の中で「花の名前を知っている」という項目があった。素敵な女性には情緒があるはず。まだまだ、修行が足りません。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-03-20 20:31 | ヒビノデキゴト(ヨルダン編)

テヘランのピンクのバラ

a0085574_114878.jpgテヘランから、ピンク色のバラの花の写真が送られてきた。自分が「この人、すごいな」と思っている人が、どこか遠く離れたところで自分のことを思い出してくれた、というそのことがうれしい。

ありがとうございます。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-03-16 01:15 | ヒビノデキゴト(ヨルダン編)

4.スキューバダイビングの免許を取る

a0085574_2572310.jpgもう、何年も延期し続けていること。スキューバダイビングの免許を取ること。イスラエル時代には「エイラートで免許を取ろう」と決心し、ここヨルダンでは「アカバで免許を取ろう」と決心。「シャルム・エル・シェイクで免許を取ろう」、というバージョンもある。これら3つの場所、「いつでも、行けるよ」という気持ちがあって、ここまで引っ張ってきている。

体験ダイビングしただけだけど、水の中って本当に別世界。青い海の中で、自分の呼吸を聞いていると、生きているんだな、なんて思う。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-03-15 02:58 | やりたいことリスト

Another Ramses in Umm Qais

a0085574_4564344.jpgウンム・カイスのレストランで食事をしていたら、子猫がやってきた。命名、ラムセス。

ご飯、少しあげてもいい?

あ、そう、だめ。いいよ、じゃぁ、見てない時にこっそりあげるから(笑)。この子はオーバーウェイトじゃないでしょう?
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-03-14 04:58 | ヒビノデキゴト(ヨルダン編)

昔の上司

に、とある件で連絡を取った。

当時、かなり怖かった(笑)この上司、かなり長い間連絡を取っていなかったにもかかわらず、とても暖かく対応してくれた。このかなり厳しい人が、私のことをアレコレ気にかけてくれていたことが分かって、「これは、いけるかもしれない」感を強めた私。なんだか、「ポン」と背中を押されたような気がしてうれしい。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-03-13 04:39 | ヒビノデキゴト(ヨルダン編)