<   2008年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

なりたい自分

なりたい自分は、自分の中にもういる。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-07-31 15:47 | ふと、思う

時間がたって、わかること。

が、非常に多い今日この頃。上司が部下に対して厳しいのには、何らかの理由があるのだ。たいていの場合には、「育って欲しいから」という思いがあるのだ。

大学時代の恩師が言っていた「はちゃめちゃながらも、元気一杯。たくさんの方にかわいがってもらえる人になりなさい」というのは、仕事人として、はずせない部分だな、と改めて思った。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-07-29 18:33 | ふと、思う

ありがとう

いつも、ありがとう。いつも、こんな感じだったね。もう、大丈夫だから、ゆっくり休んでね。

a0085574_273723.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2008-07-28 02:22 | ヒビノデキゴト(日本編)

どこに続くのかな?

a0085574_0262944.jpgどこに続くのかな、この出口。かなり強烈な光。

帽子、サングラス、日焼け止め、日よけ用の羽織れる長袖シャツ、歩きやすい靴もはいたし、水もある。その他必要なものも一通りリュックに詰め込んだ。足りないものがあれば、途中で調達すればいっか。

さて、行きますか。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-07-25 00:30 | ふと、思う

I want what I want when I want

相当、自分勝手な発言だけど、この気概で生きていけば、悔いはない(笑)?

とても正直で、潔くて宜しい。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-07-24 17:49 | 心構え

What's next?

大好きな米国のドラマシリーズ、The West Wingの中で、マーティン・シーン演じるバートレット大統領の口から頻繁に出てくる台詞。

決めたら、迷わない。選び取ったら、その選択を最高の選択肢にする。人生は、多分、その積み重ね。

What's next?
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-07-23 23:49 | 心構え

クラック・ドゥ・シュバリエ

大好きな遺跡の中の一つ。ダマスカスから北西に向かうこと約2時間、クラック・ドゥ・シュバリエが見えてくる。十字軍が残した難攻不落のお城。

なぜ、好きなのか?答えは、いつも、気持ちの良い風が吹いているから。背中を心地よく押してくれる風が吹いているから。まっすぐに、思うように進んでいきなさい、と。

a0085574_204564.jpg


この日の外気、35度。が、中に入るとひんやりと涼しい。厩舎、人間の部屋、牢獄、台所、会議室等が保存状態よく残ってる。一番快適なのは、多分、厩舎。要は、一番涼しかった、ということ。

アーチ型の天井が素晴らしい。

a0085574_20551994.jpg


現在、急速な勢いで観光化が進んでおり、残念なことに、関係者の間には利害関係が渦巻き、種々の問題が発生している模様。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-07-11 20:41 |

スタート地点のかおり

a0085574_1831543.jpgダマスカスの旧市街には、独特の香りがある。いや、ダマスカスには独特の香りがある。テルアビブにもあるし、アンマンにもある。でも、ダマスカスのそれは、私にとってはスタート地点のかおりなのだ。

全てのはじまり。そもそも、自分がダマスカスに行くなんて思いもしなかった。「お前、ダマスカスに行かないか?とりあえず、笑って帰ってくればいいから」との言葉に、「そうですね、それなら私にでもできそうでね」と答えた。そして、それが、全てを変えた。

あの角を曲がったら、今度は何があるのかな?
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-07-10 22:01 | ヒビノデキゴト(シリア編)

人生は回る

何年会ってなかったんだろう。

メールでは連絡は取り合っていたけど、実際に会って話をしたのは
8年前くらいじゃないかな。

人生はグルグル回る。

どうやったら、あんなに強く優しくなれるかな?
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-07-09 23:23 | ヒビノデキゴト(シリア編)

Yes Minister

a0085574_120339.jpgやばい、はまってしまった(笑)。きっと、近いうちに全シリーズ購入してしまうに違いない。

友人達が話をしていたから数年前からその存在は知っていた。でも、「その辺りのお店にはないから」という理由だけで、見ていなかった。先日、8年ぶりの友人と再会したら、彼女もこのシリーズの大ファンだったということで、「じゃぁ、1話だけ」と見始めたら、おもしろい!

英国首相とその側近達の日常を描いたBBCの提供するこのドラマ・シリーズ。前世紀から放送されているので、映像自体は古めかしい感じはするけども、英国的なユーモアのセンスは今でもキラリと光っていて笑いが耐えない。出てくる場面は少ないのだけど、気の利いた台詞と役者さん達の演技で笑いを取ってます。

自分は、組織の中で誰のように立ち回っているかな?
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-07-08 20:13 | 映画・音楽・本