<   2008年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

5. 自国の車の免許を取る

a0085574_4352511.jpg車、技術的には運転可能です。ドライブ大好き。イスラエルでオートマ限定の免許を取得し、その後2年間で5万キロを走行!でも、取得国がイスラエル、というところが大きな問題なのです。

ヨルダンでは書き換えの際に揉めたが、タクシーライフが結構快適だったので、結局、車は購入せず。ここレバノンでは、所属組織の運転試験を受ければ所属先が所有する車を運転できる仕組みになっている。が、試験を受けるための前提が、有効な免許証を持っていること。私のイスラエルの免許証がここレバノンで有効であるはずもなく(笑)......。

そんな訳で、決意しました。次回、日本に帰国してある一定期間滞在する際には、車の免許証を取る!しかも、オートマでなく、マニュアルで。うちの事務所にある車、全部マニュアルだし、他の事務所もそうらしいので。

やりたいことリスト、というよりはやることリスト。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-11-30 21:25 | やりたいことリスト

Kおじさんからのメッセージ

"The mind is like a parachute, it only works when it's open."

Lily TOMCIN

うちの事務所には、とても素敵な人生の先輩達がいる。強くて、懐が深くて、暖かくて、優しい。そんな人生の先輩の一人は、毎週金曜日の会議の際に、皆が集まる部屋のホワイト・ボードに心に響くメッセージを書いてくれる。

朝の会議でホワイト・ボードに書かれた言葉をノートの書き写した。金曜の夜、同僚達とご機嫌でパーティーをはしごして、最後にお家まで送ってもらったら、何だかとても心がホカホカしていた。

Kおじさんのメッセージの通りだ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-11-28 23:53 | 心構え

平和な光景

ニュースではムンバイでの同時テロ事件が繰り返し報道されている。タイの空港封鎖、コンゴでの動乱、と暗いニュースが絶えない。そんな中、とても微笑ましい光景を目にした。

朝、出勤すると、いかつい体格の元軍人男性陣が数人集まって、座り込んで何かを取り囲んでいる。何かと思えば、どこからともなく迷い込んできた子猫がミルクを飲みつつ、ツナを食べていた。「やっぱさ、やわらかいタイプのキャット・フードとかがいいんじゃないかな。ツナの油はあんまり良くないよ、特に、子猫には」なんて真剣に話し合っていた。

ニコニコしながら、大きな手で小さな子猫を優しく撫でている彼らを見ながら、とても優しい気持ちで一日をスタートした。

「よっし、今日もお仕事するかー」と思って、部屋に入って、電気をつけてPCのスイッチが入った、と思ったら停電。またか、と思ってブレーカーをチェックしに行ったら、目の前をネズミが横切った...。「ねずみがいるー!」と叫ぶと子猫を抱えた元軍人男性陣が事務所の中にどっ駆け込んできて、「行けっ!ねこだろ、お前」と。えぇ、いいスタートです(笑)。平和だ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-11-27 21:26 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

バットゥーシュ

a0085574_155891.jpg同僚宅で夕食をご馳走になった。そうして最後に出てきたのが、「バットゥーシュ」という名前のお菓子。その由来は、形が、トルコのパシャがかぶっている背の高い赤い帽子、その名もバットゥーシュに似ているから、とのこと。なるほど、似てます。

同僚は子供の頃からこのバットゥーシュが大好きらしく、今でも常備品らしい。中身は、うすーいチョコレートの中に、バタークリームが入ったもの。なんだかちょっとジャンクで懐かしい味がした。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-11-25 23:44 | 最近おいしかったもの

化粧品は送れません

レバノン生活が始まって、1ヶ月。生活も仕事もだいぶ安定してきた。日本は今日まで3連休なのですね。

ここ数週間でかなり冷え込んできたので、冬物の服を追加で実家から送ってもらうことにした。で、そのついでに、ということでちょっとした日本食材や愛用している化粧水や乳液の送付を頼んでいた。

が、しかし、母からのメールによると「化粧品はレバノンには送れないんだって。没収されちゃう可能性もあるんだって」とのこと。地元の郵便局でそう言われたらしい。そうなんだぁ......。イスラエルでもヨルダンでもシリアでもそんなことなかったのに。重量制限も10kg以下、と決まっているらしい。むむー。

仕方ないので、とりあえず冬物の服と書籍のみをレバノンの事務所宛に送ってもらい、その他のものはシリアに送ってもらうことにした。あの手この手で快適生活を試みる今日この頃です。以前と比較すれば、ちょっと不便な点もあるけど、それでも、あちこちに幸せの素が転がっている今の生活、丁寧に過ごしたい。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-11-24 22:00 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

お鍋でご飯

何だか、ムショーに白いご飯が食べたくなった。でも、炊飯器はダマスカスに置いたままだしなぁ、と思っていたら、ふと、台所のお鍋が視界に入った。

「お鍋でご飯を炊いてみるか」と決意した。→決意するほどの大げさなことではない。

とある方から教わった方法で、炊いてみるとこれが驚くほどおいしかった。今回は、白いご飯ではなくって、なんとなくその場の気分で市販のスープの素、バター、ツナを放り込んでみた。おおっ、お鍋でもご飯ってこんなにおいしく炊けるのね!と感動。こんな小さなことで幸せを感じられる自分に再度、感動。よっし、明日は白いご飯にしよう。

でもさ、やっぱり、炊飯器があるほうが便利だよね。試験も終わったことだし、早く持ってきてね~。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-11-23 22:21 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

南レバノンのライフライン事情

ちょっと前に、南レバノンの電力事情と通信事情について書いたばかりですが、その続きを少し。

今日は電気の落ち具合がすごい。お天気が悪いせいだろうか。電気がバンバン落ちて、その度に発電機が自動的にオンになる。これでも、バグダッドの発電機よりはましだ。アンマンにいた頃、イラク人のカウンター・パートと話をしていたら、バーンと音がして、その後はバリバリとまたすごい音がする。「どうしたの?」と聞いたら、「あぁ、発電機の音」との回答が返ってきていた。

ここでは、電気が落ちる度にインターネットの接続も切れる。連動してるんだぁ......。そんな中、スカイプを試してみたが、音声は、時折、聞きづらいときがあるものの、総体的にみれば70点くらい。チャットであればまったく問題なし。今更ながら、ITの進化はすごいなぁ、と思う。この地域では、携帯電話の電波状況が悪いことがあるが、その際でもスカイプでなら通話可能。

ちなみに、友人が教えてくれたのだけど、日本だと、ワンルームの一人暮らしで16Aくらいの電力が供給されているのだという。うちの発電機は10A。なるほど、どれくらいのエネルギー量なのか、ちょっとイメージが沸いた。

ちょっと話がそれてしまいますが、久々にスカイプで繋がった友人達と話をしていて「どこもかしこも問題だらけだなぁ」と思わず苦笑い。いろいろあるけど、何が自分を幸せにしてくれるのか、を基準に行動すればきっと大丈夫なのだと思う。あくまでも、自分の気持ちが基準。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-11-22 23:41 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

レバノン独立記念日

a0085574_0215675.jpg今日、11月22日はレバノンの独立記念日。1943年の仏からの独立を記念するための日。今年で65年目。22日は土曜日であるため、21日(金)をお休みにするという粋な計らいがあり、今週は金曜日から3連休。

街の中にはあちこちに国旗が掲げられ、多くのレバノン人の同僚達が同じ内容のジョークを言っていた。「フランスからは独立したけど、もう一つの国からも独立しなくっちゃね!」と。はい、なるほど、その通りですが(笑)......。自国の人間は使ってもいいけど、外国人は使ってはいけないジョークの典型ですね。

一番手前が、レバノン国旗。青空のもと、国旗がたなびく様子は、なんだか見ていて気持ち良い。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-11-22 22:23 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

体感温度(中寒)

南レバノンの小さな町、ティールは最近冷え込んでいる。そのせいか、事務所では咳が止まらない病が大流行中。

自宅に帰ればエアコンをつけて快適生活なのだけど、事務所の中はとても寒い。日差しのせいで、外の方が暖かいのだ。「机、外に出して、外で仕事してもいい?」なんて言っちゃうくらい。いや、冗談じゃなくって。

a0085574_1344961.jpg今日、仕事で外出したのだけど、私はジャケットを着込み、マフラーまでしているというのに、私以外の3名は半そで。「英国ではこんなの夏だよ、夏」と同僚は笑うが、私にとってはすっかり冬なのだ。私は比較的暖かい地方で育ったし、冬の実家はいつでもホコホコ状態なので、レバノン・シリア・ヨルダン地域の石造りの家の寒さはちょっと苦手。中東は夏の方が長いし、暑さも半端ではないので、石造りの家で暑さをしのぐ、というのは理にかなっているが、冬の対策はあまり講じられていない。

ちょっと休憩しに、外に出たらハイビスカスの花が咲いていた。雨のしずくがそのまま残っているのだけど、見えるかな?ハイビスカスの花が咲いている、ということは暖かい、ということなんだよねぇ。体感温度の違いって、すごい。夫婦喧嘩の理由が就寝時にエアコンをつけっぱなしにするかどうか、というのは頷ける。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-11-20 22:27 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

時間を知らせてくれるもの

ここ最近、時間を知らせてくれるものが一つ増えた。アザーン(イスラム教の一日5回のお祈り)ではない。

自宅は午後6時になると一旦停電する。政府からの電力供給が途絶えているのだろうか。周りからの情報によると、政府の電力供給時間は不規則だ、とのこと。それなのに、うちでは毎日午後6時ぴったりに規則正しく停電する。

約1分程度で自動的に発電機のスイッチが入って、通常通りに電化製品が動き出すが、このおかげで、「あ、6時か」と分かるのだ(笑:昔、パキスタンに出張していた友人が、停電で時間が分かると言っていたのを聞いて笑っていたけど、まさか自分が経験するとは)。ちなみに、今日は電話中に電気が落ちて、ちょっと移動したら椅子に足をぶつけて、後で見たら青あざができていた。

周囲からのアドバイスもあって10Aの発電機を購入したので、エアコン、TV、冷蔵庫、給湯器、洗濯機を同時に使用しても問題なし。今のところ、快適です。冬支度のために必要なものがいくつかある。私は台所に立つのが好きなので、台所用品をもう少し。それから、お部屋の中をぽかぽかにするためのガス・ストーブ。昨年使っていたオイル・ラディエーターもものすごくあったかいけど、ここの電力事情では多分無理、だな(笑)。
[PR]

by ahirunoko724 | 2008-11-19 21:23 | ヒビノデキゴト(レバノン編)