<   2009年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ヒビノデキゴト-日本編-開始

無事、日本到着。暫くは日本生活を楽しめそう。という訳で、本日より「ヒビノデキゴト-日本編-」をお送りすることにしました。2001年に日本を離れてからずっと続いてきた中東での生活もそれはそれで楽しかったのだけど、これとは別の意味で楽しい生活が始まりそうです。さて、どんなことが起こるのかな。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-28 22:14 | ヒビノデキゴト(日本編)

さよなら、ティール

ダマスからティールに戻ってきて、その翌日の今日、ティールを去る。海沿いの小さな美しい港町。聖書の中には、「世界で最も美しい町」と言及されているこの町に住めたのは幸運だったと思う。

事務所の車で空港に向かう途中、ものすごい雨に降られた。窓の外に見える景色がゆがんで見えるのがなんだかちょっと切なかった。毎日バンバン停電するし、口内炎で苦しんだし、お風呂には浸かれないし、レストランもカフェも少ない。でも、それでもこの町での生活は忘れがたい。さよなら、ティール、ありがとう。

でも、何となく再来の予感がする(苦笑)。

a0085574_255038.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-27 02:03 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

快晴の中の国境越え

a0085574_24642.jpgダマスカスからティールへ戻ってきた。とってもいいお天気で、気持ちいい。車窓から流れる景色もなんとなく春らしい。先日ティールにやってきたお客人は、ダマスカスへの岐路、ベイルートで道に迷い、山間部では大雪に降られ、タイヤにチェーンを巻いていざ、ダマスカスへ、と思って車を走らせたら今度はタイヤがパンク。ティールからダマスカスまで8時間の長旅、お疲れ様でした。そうして、ありがとう。晴れてたら、こんなにもきれいな景色が見られるんだよ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-26 22:01 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

ドタバタのダマス訪問

思い立ったので、ダマスカスを訪れた。あー、平和でいいなぁ。空気がピリピリしていない。イラク戦争の頃には悪の枢軸、なんて言われていたシリアだが、最近では米国もハイランクな人物を送り始めているようだ。EUのハイランク・オフィシャルも訪れている模様。こんな時代がくるものなんだなぁ。

a0085574_204349.jpgダマスカスにいる大学時代の同期の職場にもご挨拶に行ってみた。「もー、いつも突然なんだからー。あ、でも、チョコレートくれたから許してあげる(笑)」と。事務所の中で1時間ほど話をして、所内の方々とも情報交換。いろんな偶然が重なってさらにまた偶然が重なる。コーヒーを飲みながらガールズ・トークでキャッチアップ。その後は、旧市街でお買い物。前回ダマスカスを訪問した際に、「いいな」と思っていた絵を額つきで購入。えへへ、これだけでもご機嫌。

幸せは日常生活の中にたーっくさん詰まっているのだ。写真はいつものジャーナリスト・クラブ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-24 22:54 | ヒビノデキゴト(シリア編)

像のチョコレート

あれ、何でこんなところにチョコレートが?そういえば、シャワーヘッドがリュックの中に入っていたこともあったっけ(笑)。

a0085574_151323.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-23 01:51 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

シドンの海の城

a0085574_1533972.jpgティールから30分ほど車を飛ばして北上すると、シドンという小さな港町がある。この町もティールと同じくフェニキア時代に栄えた古い歴史のある町だ。

そうしてこの町の最大の見所は、海の中のお城。このお城、シリアのクラック・ドゥ・シュバリエ、イスラエルのアッコにある地下要塞、ヨルダンのカラックと同様に十字軍によって建てられたもの。この日はものすごく波が高くて、お城の中を歩いていたらザッパーンと高波に襲われてびっしょりになってしまった……。えぇ、これなら難攻不落でしょう。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-22 21:52 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

ティールの町の観光地

a0085574_1423813.jpg数少ないティールの町の観光地の一つローマ時代の遺跡を訪れた。大きな石造りの門の向こう側には幅の広い道が続き、両側には列柱が並ぶ典型的なローマ時代の遺跡。ヨルダンノウンム・カイス、ジェラシュ、シリアのパルミラ、こういったローマ時代の遺跡を、これまでに何度訪れただろうか。門の隣には、大きなヒポドロームがきれいに残っている。そ言えば、10年近く前に、友人と一緒にこの町を訪れた際にもこの遺跡を訪れたな。そのときには、まさかここで働くことになるとは思いもしなかったけど。


a0085574_143860.jpg最近、比較的暖かい日が続いていたせいか(事務所の中は相変わらず寒いけど)、黄色いかわいらしい花が咲いていた。クローバーがたくさんあったので、四葉のクローバーを一生懸命に探してみたが、残念ながら、見つからず。大丈夫、でも、きっといいことがあるよ(笑)。うん。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-21 22:40 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

雨宿り

a0085574_1483460.jpg旧市街を歩いていたら、ものすごい雨に降られた。閉店したお店の軒先で雨宿りをしていたら地元の若い男の子たちが「そこ、寒いでしょう?うちのお店でコーヒーでも飲んで雨が止むのを待てばいいよ」と、声をかけてくれた。フツーのエスプレッソなんだけど、なんだか普段よりも温かい気がした。それに、お砂糖もハートだし、なんだかうれしい。イヒッ。

この町、いろいろと難しい町だけど、人の温かさは健在。
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-20 22:46 | ヒビノデキゴト(レバノン編)

手を伸ばす

と、欲しいものは思ったよりも簡単に手に入るものなのかもしれない。そっか、とりあえず、手を伸ばしてみるか。たぶん、また、同じことを思うはずだから。

a0085574_2161710.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-13 20:56 | ふと、思う

予定変更がもたらした産物(2)

a0085574_2054413.jpgヘルシンキで一目ぼれして買ってしまった。ムーミンの折りたたみ傘。この傘があれば、雨の日が待ち遠しいかも。

と、もう一つ予定変更がもたらした産物が。ヘルシンキからフランクフルトへ飛び、そこでベイルート行きのフライトへの搭乗を待っていたら、なんと友人と遭遇!最近、こういう出来事が多いのです。12月の半ばにはベイルートのホテルでヨルダン時代のカウンターパートに、12月末にはヨルダンの死海のホテルでイスラエル時代に良く通った本屋さんのオーナーに。2月初旬にも、ヨルダン時代の友人にばったり。次は、何かな?
[PR]

by ahirunoko724 | 2009-02-11 20:23 |