<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

一時休憩中

なのですが、なぜか、ここにきてバラバラとお話が降ってくる。

他組織の内部の調整事情の微妙さを改めて知った今日この頃。
まぁ、かつては自分も所属した組織なだけに大人の事情もわかりますが。

そこにいくと、うちはシンプルだ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-09-28 12:54 | プロセス(2)

フツーの週末

うん、いいんじゃないかな。

フツーの静かな週末って感じで。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-09-22 19:00 | プロセス

ばかげたことを

と自分でも少々おかしくなっちゃうくらいだ。

でも、楽しい!

そうして、またまた、ロスト・バゲッジ。

なぜ(笑)?
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-09-21 22:58 | プロセス

カラフル・ドーナツ・イン・トリポリ

朝から慌ただしくしているところに、
大きな事件が発生して、周囲もざわついている。

そんな中でも、淡々と粛々と仕事をしていた。

ちょっと気分転換に、と思って入ったスーパーで見かけた
カラフル・ドーナツ。

買わなかったけど、カラフルでポップでかわいくて妙にツボにはまったのは確か。

a0085574_3361840.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2012-09-12 22:36 | ヒビノデキゴト(リビア編)

朝のコーヒー

朝、事務所の机に来てみると、
カルダモンが入っているであろうコーヒーの香りがした。

机の上にはリビア産のコーヒーが入った袋が一つ置かれてあった。

a0085574_54674.jpg


「はて、いったい誰が?」
とPCを立ち上げたりしつつ考えていたら、携帯が鳴った。
知らない番号。誰だ?と思いながら出てみると、リビア人の同僚から。
コーヒーを置いていってくれたことの連絡だった。

良い一日が始まりそうだな、と思った。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-09-10 22:44 | ヒビノデキゴト(リビア編)

Do not afraid of

saying "No" to others.

少し強面なのに、静かなやさしい声で、諭されて、安心した。

「それは君だけに限ったことじゃない、僕だってそういうことあるよ。
でもね、そういう時には、Noって言えばいいんだよ」

と。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-09-07 20:50 | プロセス(2)

早起き週末

週末第一日目の金曜日、7時半に起きだして、魚市場へ出かけた。

トリポリ市内にある魚市場。金曜の8時半だというのにすでに人がたくさん。
市場の中には、新鮮な魚介類がたくさん。さすが、海辺の街。
市場の中を一通りぐるりと回って、貝とイカ・タコ・エビの詰め合わせと白身魚を購入。

その後、トリポリ市内に存在する唯一のローマ時代の巨大な門を訪れて、
それからビーチ傍にある小さなカフェでパンケーキとフレッシュ・ジュースとカプチーノ
で朝食。

自宅に戻っても、まだ12時前。

なんだか、すごく有意義な週末を過ごしている気がする。

a0085574_20462081.jpg

[PR]

by ahirunoko724 | 2012-09-07 13:40 | ヒビノデキゴト(リビア編)

そんなこと考えてたの?

そんな配慮をしてくれているのか、と改めて感心、というか
ちょっとびっくり。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-09-02 22:50 | プロセス

秋ですね

朝、枕元で携帯のアラームが鳴って目が覚めた。
普段よりも、窓から入ってくる光の量が少ないな、と思った。
何となく風の音が強いような気もした。
秋だからかな、と思った。

で、少しベッドの中でゴロゴロした後に、Ipadでメールチェックしたらなんと
一時間時間が遅い。あれ?と思って、腕時計をみたら、こちらも一時間遅い。
もしかして、冬時間だっけ?とか考えつつ、ネットでリビアの現地時間を検索
(なんだか間抜けだ)したら、やっぱり1時間遅い。

携帯のどこかのボタンを触ってしまって、時間が一時間早めてしまったらしい。
で、結局どうしたのかというともう一度寝なおした。

帰宅して、食事をして、お部屋でゴロゴロしていたら、窓の外から風の音が聞こえる。
窓を開けると、普段よりも風が強い。

9月に入ってなんだか突然秋の気配。
落ち着いた雰囲気の(仕事は忙しくなりそうだけど)、楽しい秋が始まりそうだ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-09-02 22:20 | ヒビノデキゴト(リビア編)

子犬委員会

朝、職場に行くと、同僚たちが集まって偉く真剣な顔で話をしていたので
何かなーと思っていたら、最近コンパウンドの中で生まれた子犬達の話だった。

A:「今朝、ミルク持って行ったんだけど、いなかったの。お母さん犬がね、
子犬達が居たところに寂しそうに座ってたの。ガードがどこかに連れて行った
って聞いたんだけど、知ってる?」

私:「貰い手がついてるって1週間くらい前に聞いたけど」

AとB[ええっ、誰にもらわれの?誰から聞いたの?いつ貰われていくの?」→もんのすごい勢いで。

ベージュ色のかわいい子犬たちが5匹。
ホワホワしてて、抱っこしたらホワホワなんだろうな、と思いつつ、お母さん犬が
心配するだろうと思って皆、なんとなく距離を置いて、遠くで見守っている。
中には、ミルクをあげている同僚たちもいる。

皆、傍を通るたびに目を細めて優しい顔で眺めている。
すごいなぁ、子犬。相当、皆をハッピーにしてるんですけど。

a0085574_601068.jpg


コンパウンドの中のアイドル達です。

今日も平和だ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-09-01 06:03 | ヒビノデキゴト(リビア編)