<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

人の記憶の曖昧さ

全般的にみると、記憶力はそんなに悪い方ではない。
特に、中・長期にわたる記憶力。でも、短期の記憶はダメダメだ。
例えば、仕事の経緯等でなんでこうなっているのか、というようなことは比較的覚えている。
それに加えてメールや書類、メモを読み返せば10年くらい前の案件でも大抵のことは思い出せる。

短期の記憶でダメダメなものの最もいい例は、「車の無線のコール・サイン」が覚えられない。
英語のアルファベット二文字に数字3つの組み合わせ。これが覚えられない。特に、最後の一桁。
自分の無線なら、ラジオチェックで週に一度は使っているから、コール・サインもすぐに出てくるけど、
車の無線だと、車ごとにコール・サインが違う。なので、ドライバーさんに聞いてから無線連絡をするの
だけど、これが、最後の一桁が出てこず「あれ、なんだっけ(苦笑)」ということが多々ある。
ドライバーさんんだって、苦笑いだ。だって、こんな単純な番号を覚えられないのだから。

で、今日何があったのか、自分の記憶って、曖昧だなぁ、と思ったのだ。
同僚が休暇から帰ってきた。2週間強の休暇で、ものすごくフレッシュな顔をしていた。
髪も切ってすっきりていたので「いいね、すっごい爽やかな顔してるよ。髪も切って似合ってる」
と言ったら。「ひげ、剃ったんだけど...」と。あー、あー、あー、確かに。ホントだ、ひげがない!
だからすっきりしたのか。

それで思ったのは、「長いものが短くなったこと」については気づくのに、
「あったものがなくなったこと」には気づかなかった。これ、何でだろうと思った。
じつは、ひげってあってもなくても気づかないものなのかもしれない。
昔の上司もひげを蓄えていたり、そうでない時期があったり。
でも、両方ともそんなに違和感はない。

「私が髪を切ったのに気づかないの?!」と、よく女性はいうけれども(私もそうだ)、
もしかしたら、世の男性陣、「僕がひげを剃ったのに気づいてないの?」と密かに思っているのかもしれない。
気づいたら口にしてみよう。きっと、うれしいはず。イヒ。
[PR]

by ahirunoko724 | 2015-06-30 16:11 | ヒビノデキゴト(南スーダン編)