あり得ないと思っていたこと

というのが、あり得るのだ、ということを経験中。
なんて、大きなことではないのだけど。

これまで、あり得ないと思っていたことの一つは、未読メールが数百通とか、
とにかく数に関係なくて、未読のままで残っているメールがインボックスにあるということ。
たまにそういうインボックスを見て、「えー、こんなのありえない」と思っていた。
えぇ、最近までは。

あり得るんですね、自分の身にもこういうことが起こりえる。
と言っても数百通とかいうレベルではなくて、数通のレベルで。
未読メールがそのままで、処理されていないというのは私的にはちょっと気持ち悪い
状態なのだけれど、ここ数週間、正直キャッチ・アップが追いつかない状態。
メールの使用環境も作用していることも確かだけど。

今は、種々インプット中で、事務所にいる時間が短いこともあるし、
飛び込みの用事も入ってくるし、今週なんて、一日中事務所に居られる日は1日だけ。
後はほぼ終日事務所に居ない状態。全てが自転車操業中(笑)。

そんな状況だとメールもトドンドンたまっていく一方だし、捌くのにも少々苦労している。
もう少し慣れて、全体が見渡せるようになってくれば状況も変わるかな、きっと。

大丈夫、走りながら勉強しよう。実地訓練だ。いつか、「そういう時があった」と懐かしく
思える日が来る、はず(笑)?
[PR]

by ahirunoko724 | 2012-06-11 03:14 | プロセス(2)